昨年の6月末に、ステンドグラス工房の作家として、一つの大きな仕事が終了しました。
今から31年程前、まだ工房が大阪市南区の島の内にあった頃からのお話です。

当時、独立して半年目に、大阪南のど真ん中道頓堀とソエモン町の東面、堺筋に面して60坪三階建ての建物の1階に工房が有りました。
入り口はショーウィンドが有りガラス張りの自動扉が付き、当時一坪7000万円とも言われたバブル直前の頃です。周辺には怖い事務所がたくさんあり、前の道には装甲車が止まっていました。

実家を出て、注文も収入もない、 いよいよ食べるものも無くなろうかと言うとき、一件の注文が入り、独立後初めての仕事が決まりました。

しかし、半年の有余で安く借りていた東住吉区のしもた屋も、建て替えのために出なければいけなくなった時で、次の工房の場所を探さねばならなくなり、住居と工房の両方を探していた時の事です。

状況が、3年前とかぶりますが、20代の頃とアラカン(アラウンド還暦) では、世間の反応もキャリアも違うのですが、あの頃は「神風が吹いた!」と言うのでしょうか。

その、一等地の古ビルに入る事が出来ました。不法侵入した訳ではありません。
たまたま、そのあたりを大規模な開発を考えた東京のデベロッパーが、「地上げ」を しかけていました。
その、管理をまかさせれていた設計事務所が知り合いで、独立当初から、お世話になっていましたところ、「どこか、工房に使える場所は無いでしょうか?お金は無いけど、これから頑張ります。」と、お願いしましたところ、「2~3年ぐらいやったら、空いてる場所が有るので、使いますか?」と鍵を渡されたのが、大阪市南区島内?-15-16(現在は住所が中央区でしょうか。)今、思えば無茶な話です。
さて、仕事場は決まったので、近所に住居を探し不動産屋さんに行き、「どんな所でも良いので、安いお部屋をお願いします。」と言って、近くのワンデーケーを借りました。「お見かけしたところ、お嬢さんには、家主さんも、ちゃんとした所でないとね。」と、南船場で4階建の3階で、昼間でも、電気をつけないと真っ暗なお部屋でしたが、それなりに、快適でした。
直ぐ階下の2階が、おかみ一人の小料理屋さんで、可愛がって頂きました。

前振りがかなり長くなりましたが、その後30年間お世話になり、私の代表作であり、修行となる作品作りに出会えました。