一昨日の夕方、親戚でもあり友人でもあるキミちゃん(同い年の60歳既婚女性で孫2人)から電話があり、
「明日空いてる?インターネットラジオに出てほしいねんけど!」
「ちょうどまるまる空いてるよ!」と私。
「そしたら、友達の担当者のTさんから詳しい事電話してもらうね。」 

「初めまして、Tです。急なお願いで申し訳ありませんが、明日12時半に新大阪に来ていただけます?その時に思い出の曲を紹介したいのでCDを2枚お願いします。」 

で、快諾したものの、喋りはどうにでも平気だが、CDが問題で、一つはストラビンスキーの「火の鳥」でいいのだけれど、もう一曲を何にするかを考えた時、「お能」が浮かんだ。
2010年に大阪南港ATC で、個展を開いたときにテーマの一つに「お能の世界」を表現したくて、「船弁慶」から「静か御前」の作品を作りました。この作品は大阪能楽会館に有ります。
制作風景から当時神戸元町の芸術家展に出品する様子が当時テレビ東京で紹介されました。

それで、突然のことで当然手元に無く、数年ぶりにお能の資料などでお世話になった能楽師の大西礼久 氏にお電話でお能のCDをお借りしたいとご連絡しました。残念ながらDVDかカセットテープしかないとの事でした。

結果 、曲の紹介の時間もあるので、「火の鳥」の中から「カスチェの戦い」と「終曲」部分をかけました。
放送日は、3月22日の午前9時と12時と21時と24時 だそうです。
ゆったリンクあるいはソウルポートラジオでマダムこと寺尾さんとのお話でした。
芸術家の北條日出子さんと紹介していただき、取り留めもなく「火の鳥」や子供のころのエピソードを話してきました。